FC2ブログ

【鋸 豆知識】その4 両刃のこぎりの呼び方 - モノを切るにこだわっています

モノを切るにこだわっています ホーム » 未分類 » 【鋸 豆知識】その4 両刃のこぎりの呼び方

【鋸 豆知識】その4 両刃のこぎりの呼び方

P1030591_(2)_convert_20180614165837.jpg

のこぎりの長さには8寸、9寸、尺0寸などがあります。
1尺の長さは約300mmなので300mm=尺0寸となるはずですが、両刃鋸の呼び方はは少し違います。

210mm … 8寸
240mm … 9寸
270mm … 尺0寸
300mm … 尺1寸
といった1寸多い呼び方になります。

「首のところで鋼を継いでいたためそこまでの長さで呼んでいた」
「刃渡りでなく首からの寸法表示」
等、なぜこういった呼び方をするのかは諸説あってどれが正解!というものはないようですが
片刃鋸は普通に300mmが尺0寸、270mmが9寸と呼んでいるので不思議です。

両刃鋸を購入する際はそういった寸法表示にも目を向けてみると面白いかもしれません。

中屋の両刃鋸はこちらから購入できます
http://shopjp.nakaya-saw.com/bunrui/000162.html
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sanjonokogiri.blog129.fc2.com/tb.php/124-dab90185